雑学

クサーイ「加齢臭」の発生源は耳の後ろではなかった?

年齢を重ねると気になるのがそう「加齢臭」ですよね。

badsmel150420

巷では様々な「加齢臭対策グッズ」が溢れています。自分では気づかないうちに周りを不快にさせてるかも・・・と不安なオジサン世代はせっせと加齢臭対策に余念がありません。

また、オジサンだけではなく最近では女性の加齢臭も注目されており、女性誌などで特集が組まれるなどもはや「加齢臭」は男女問わず大きな悩みとなっています。

さてそんな「加齢臭」ですが、今までの常識としてその発生源は「耳の後ろ」だとよく言われていますよね。確かに耳の後ろって汚れが溜まりやすそうで、気になってゴシゴシ洗っている人も多いことでしょう。でも実は耳の後ろは「加齢臭」の発生源ではないのだそうです。

耳の後ろの不快な臭いは、シャンプーやせっけんをよく洗い落とさないことで起こるもので加齢臭の臭いとは違うのだそうです。では加齢臭の本当の発生源とはどこなのでしょうか?

それは「背中」などの体幹部分なんです。

加齢臭の元は背中と胸の中心? マンダム「においケア検定」(ライブドアニュース)

背中には多くの皮脂腺があり、汚れなども貯まりやすく汗などもかきやすいことから、加齢臭の原因である「ノネナール」という物質が発生するのだそうです。あの加齢臭独特の腐ったチーズのようななんともいえない臭いの元は体幹部分からきているんですね。

ではどうしたら背中や胸などから発生する臭いを抑えることができるのでしょうか。それにはまずたくさん汗をかいて皮脂腺にたまった汚れを出してしまうことが効果的なんだそうです。適度な運動やサウナなどで汗をいっぱい出してみましょう。もちろん汗をかいたらきちんと着替えましょうね。

また、脂っこい食事や睡眠不足、過度の飲酒や喫煙などもノネナールの発生源となる「活性酸素」を増やしますので、生活環境を見直してみることも必要かもしれませんね。

「加齢臭」ではなく「華麗臭」となるよう、表面だけではなく内面から体質改善していきましょう!

-雑学