生き物

マイアミで巨大カタツムリ「アフリカマイマイ」大量発生!デカすぎてキモイ!

アメリカはフロリダ州南部のマイアミで数年前から大量発生している巨大カタツムリの被害が収まる気配がありません。

スニーカーサイズの巨体カタツムリ、マイアミ周辺でまたもや大量発生。(エキサイトニュース)

この巨大カタツムリ「アフリカマイマイ」というのですが、その大きさはなんと!靴のサイズほどのもあるそうです。そして厄介なのはこいつらが農作物を食い荒らしたり、人間が直接触ると寄生虫を媒介して「好酸球性髄膜脳炎」という場合によっては死亡に至る病気を発症する恐れがあるのです。

さらに驚くのがその寿命で9年!も生きるんです。まさにキモイしデカイし病気にはなるしで最悪レベルの害虫ですね。

 

スニーカーサイズにもなるこの「アフリカマイマイ」その大きさがよくわかる動画がこちらです。

この動画の女性思いっきり素手で触っていますがこれ大丈夫なのでしょうか?しかしデカイ!

このように大きくて人間にも害のある巨大カタツムリをアメリカ政府は大量の予算を組んで駆除していたのです。しかし前述したように「アフリカマイマイ」はとても寿命が長く、また繁殖力が強いのでいたちごっことなっています。

ますます温暖化が進む地球。我々の住む地域でも将来「アフリカマイマイ」が 大量発生する日もそう遠くないのかもしれません。

-生き物