ITニュース

「図書カード」が劇的進化!ネットで残額確認が可能に。買取はどうなる?

様々なシーンで贈り物として喜ばれている「図書カード」もはやお馴染みですよね。

特に何を贈っていいかわからないときなど「図書カード」なら貰ったほうもテンション上がりますし間違いがありません。

 

そんな「図書カード」がこのたび劇的に進化したようです。

2016年6月から全国の書店で「図書カードNEXT」が発売になりました。

2016年6月 図書カードが生まれ変わりました!贈り物には図書カードNEXT(日本図書普及HP)

この「図書カードNEXT」ですが今までのと大きく違うのは、カードが磁気からQRコードの紙製に変化したということです。

 

これが「図書カードNEXT」の書店用端末とカードの見本です。

tosyocardnext

端末右のQRコードリーダーでカードの情報を読み取り会計するかたちのようです。

今までの磁気カードとは違い、カード自体には情報は入っていません。

つまりインターネットで全て課金なども行われるということですね。

メリットとしては今までの図書カードだと磁気が飛んで使えなくなったということも多かったのですが、まずそれがありません。

そして何より便利なのはネットで簡単に残額が確認できるということです。

専用サイトへ行き自分のカードのQRコードを読み込ませれば残額が表示されるんです。

今までの磁気カードも残額はパンチ穴でだいたいの確認はできましたが、いざ書店で使おうとしたら全然足りなかったなんてことありますよね。

そしてさらに使えるのが、どの書店でいつ購入したかなどの情報も見れるということです。これかなり便利じゃないですか!

 

ただ磁気カードと大きく違う点があります。それは購入から10年という有効期限が付いたことです。

でも言っても10年ですから気にするほどのことはないでしょうね。

 

それより気になるのは金券ショップでの買取はどうなるのかということです。

私もよくクレジットカードで貯めたポイントでクオカードや図書カードをもらい換金しているのですが、

この「図書カードNEXT」になると今までのようにはいかないのではないか?という疑問が湧いてきました。

そこで金券ショップ数店を確認したところ、まだ数は少ないですがどうやら買い取るところもあるようです。

ただし今までの磁気カードよりかなり買取率は悪いようです(磁気だと90%~95%なのがNEXTだと60%くらい)

もし今度図書カードを貰ったら換金せずに漫画でも大人買いしましょう!

-ITニュース