生き物

刺されたら死ぬ?絶対触れてはいけない危険な「カツオノエボシ」に気をつけろ!

今年も猛暑になると予想されている日本。

海のレジャーに出かける機会も増える時期ですが、身近な海岸に生息する生物には危険がいっぱいです。

「林修の今でしょ!講座」で今年の夏急増しそうな「水」の危険生物を特集していました。

そのなかでも出会ったら最も危険な生物は「カツオノエボシ」なんだそうです。

katuonoeboshi

カツオノエボシ

 

きれいな色で見た目は怖そうに見えません。ですがこの生物は人を死に至らしめることがあるとても危険な生物なのです。

カツオノエボシの生態

「カツオノエボシ」はクダクラゲ目カツオノエボシ科に属する刺胞動物です。見た目からはクラゲの仲間のようですがじつはクラゲではなく、クダクラゲの一種であるヒドロムシが複数集まって形成する「群体」なんです。

「カツオノエボシ」は猛毒をもち「電気クラゲ」の別名があります。実際に電気を発生させるわけではなく、刺されると強烈に電気が走ったように痛むことからこの別名が付けられました。

大きさは約10cmほどで、透き通ったブルーの浮き袋を持ちます。この浮き袋の色が海の色と紛れ、気付かないうちに海岸近くまで来ていることがあり注意が必要です。

風を受けて移動するくらいで基本的にカツオノエボシ自身には遊泳力はほとんどないそうです。ですが風の強い日には沖合から海岸付近まで近づいてくることがあるので要注意です。

驚くべきはその触手の長さです。わずか10センチ程度の浮き袋から海面下に伸びる触手はなんと短くても10m程度あって、長いものだと約50m!にも達するそうです。

触手が外的刺激を受けると、表面に並んでいる刺細胞から「刺胞」が発射されます。その刺胞には猛毒が含まれおり、小魚や甲殻類を殺して食べるのです。

この動画ではカツオノエボシが小魚やカメを攻撃しているシーンが撮影されています。

カメが無残にも餌食になっています。固い甲羅を持つカメさえターゲットにするまさに海のギャングのようです。

 

カツオノエボシの毒とその対処法

さて、こんな危険なカツオノエボシに刺されたらどうすればよいのでしょう。

まずは刺されたことによってパニック状態になって溺れることがあるので、まずは落ち着いて岸に戻りましょう。

そして海水をかけて、触手を洗い落とします。ここで決して水道水などはかけないでください。理由は未発射の刺胞を刺激するからです。また、砂をかけて払い落とすのも危険なのでやめましょう。

そしてすぐに医療機関で治療を受けましょう。もし病院へ行く間に呼吸停止や心停止に陥った場合は、すぐにAEDや心臓マッサージなど心肺蘇生法を開始しましょう。

 

このように大変危険なカツオノエボシ。日本でも近年大発生しており、湘南の海岸でも見つかっているようです。まず見つけたら触らない、刺激しないこれが重要です。

そして死骸にも注意してください。死んでいても反射で「刺胞」を発射することがあるそうです。

まさに死してなお恐ろしい生き物「カツオノエボシ」みなさん注意しましょう!

 

-生き物