ITニュース

クロネコや日本郵政装う「迷惑メール」が流行!とにかく添付ファイルは開くな!

最近あの「クロネコヤマト」や「日本郵政」を装い、悪質なファイルを開かせようとする「迷惑メール」が後を絶ちません。

pc

「宅急便お届けのお知らせ」といった件名で送られてきた迷惑メールを、ヤマト運輸の「お届け予定メール」だと信じてしまった人が、うっかり添付ファイルを開くと、不正なプログラムがダウンロードされるというものなのですが、これ騙される人多いと思います。

ヤマト運輸を装った不審メール出回る 添付ファイルを開かないよう注意(ねとらぼ)

私のところにも実際に日本郵政を装ったメールや、クロネコを装ったメール来ました。ですが最近どちらも利用していなかったので大丈夫でした。だけど怖いですよね。

 

しかし実際このような添付ファイルを開くとどうなるのでしょうか?

添付ファイルは拡張子がEXEという実行ファイルがほとんどのようで、うっかり開いてしまうと、マルウェアに感染してしまうのです。

このマルウェアはネットバンクのパスワードや個人情報を盗み出すのです。

郵政偽メールはネット銀行ウイルスだった(YOMIURI ONLINE)

「ウィルスバスター」でおなじみの「トレンドマイクロ社」によると、この添付ファイルを開くと最終的には「ロヴニクス」と呼ばれるマルウェアに感染するそうです。

この「ロヴニクス」は国内のネットバンキングを狙うオンライン銀行詐欺ツールなんです。

普段は特に何もしないのですが、そのマルウェアの入ったパソコンなどでネットバンキングサイトを表示すると、内容を書き換えたり、振込先を勝手に変更したりといった悪さをするんです。恐ろしいですね。

 

あと最近私のところにも来たのですが、こういう迷惑メールも出回っているようです。

これは実際私のところに届いた迷惑メールです。

件名:出金

出金取引をお知らせします。

利用日  :平成28年6月29日
利用内容 :契約者貸付
利用金額 :150,000円
うち手数料:0円
利用先  :インターネット
(送信番号283641T9892N000152)

◇ご連絡◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
℡03-5997-4900
Fax03-5442-1576

まぁ見るからに怪しいメールですよね。そして添付ファイルもEXEだし・・・。もちろんゴミ箱へ直行です。

でも仕事なんかで頻繁にネットバンクで入出金をしている方などは、あまり考えず添付ファイルを開いてしまうこともあるかもしれません。注意しましょう。

 

どんどん巧妙化する迷惑メール。下手な鉄砲数打ちゃ当たるではないですが、騙されている人がいるのも事実です。

なにか抜本的な対策はないものでしょうか・・・

-ITニュース