社会

NHKが都知事選候補「後藤輝樹」の政見放送の音声を消去!彼は表現の自由と戦っている?

7月31日投開票の「東京都知事選挙」がいよいよクライマックスです。

今回は21人の候補者が立候補していますが、TV・新聞など既存メディアは主要3候補として鳥越俊太郎氏・小池百合子氏・増田寛也氏のことばかり報道していますね。

 

そんななか都知事候補者の1人後藤輝樹氏がNHKで行った政見放送が、音声部分を消去して放送されるという事態が話題となっています。

gototeruki

後藤輝樹氏

これがその問題のNHKで放送された後藤輝樹氏の政見放送です。

まず経歴からして香ばしいですね。そして異例なことに冒頭で「公職選挙法第150条の2の規定をふまえて音声を一部削除しています」というテロップが流れます。

「これからおやすみの方も、お目覚めの方も、そして偶然この映像を目にしてしまったあなたも!ようこそごきげんよう。後藤輝樹の○○の時間です」

いきなりの音声削除から始まるこの政見放送。途中からはほとんど何を言ってるのかわからないくらい削除されており、後藤氏が何かを言いながら踊っている様子だけが淡々と流されています。

この冒頭部分、彼がなんと言ってるかと言いますと、こちらのニコニコで放送されたバージョンを見ればわかります。

もうチ○コ、マ○コのオンパレードです(笑)これはNHKでは流せないですね。でも後半はけっこう真面目に語ってます。

ニコニコバージョンの放送で後藤氏は、この政見放送をNHKが放送しない場合裁判をすると話しています。

そんな後藤氏の主要政策がこちらです。

東京オリンピックパラリンピック中止と築地市場移転中止

オリンピックは当初の予算よりかなり膨らんでおり批判が出ていますし、築地市場の問題も土壌汚染の危険性などが指摘されてますよね。後藤氏によると、彼以外の候補者でこの主張をしている人はいないそうです。

これら政策の詳しい中身については彼のオフィシャルサイトを見てみてください。意外とマトモなことも言ってますよ。

 

さて実際にNHKは彼の政見放送の音声を削除して放送しました。後藤氏は「表現の自由」を保障している憲法違反だとしてNHKを訴えるのでしょうか?

-社会