ITニュース

米国ヤフーの買収で「Yahoo!JAPAN」が「Verizon(ベライゾン)!JAPAN」になる日も近い?

今更説明の必要がないですが、ネットのポータルサイトとして無くてはならない「ヤフー

yahoo

そんな我々に馴染みの深い「ヤフー」の名前が変わるかもしれません。

 

アメリカのヤフーが大手通信会社のVerizon(ベライゾン)に、およそ48億3000万ドル(日本円にして約5000億)で買収されることが明らかになりました。

確定―VerizonがYahooのインターネット事業を48億3000万ドルで買収(Tech crunch)

米国のヤフーは、1995年に創業され、インターネット業界の草分けとして成長してきました。

ですが近年ライバルの「グーグル」にシェアを奪われて業績不振に陥りました。2012年には、グーグルの副社長だったマリッサ・メイヤー氏を引き抜いてリストラや経営革新を進めてきましたが、業績の悪化から抜け出せずに売却先を探していたそうです。

ですが歴史ある「ヤフー」が買収されたというニュースはかなり驚きましたね。

 

さて、今回買収した「ベライゾン」という会社、日本ではあまり馴染みがない名前ですがどのような企業なのでしょうか?

ベライゾンは、世界最大級の通信会社で、売上高はなんと約12兆円を誇り、約18万人の従業員を抱える大企業です。

米国の携帯電話加入者の最も多い「ベライゾン・ワイヤレス」を傘下に持ち、固定通信事業やグローバルネットワーク事業・セキュリティ事業・クラウドサービス等を提供しているまさにネット界の巨人なのです。

 

とここで気になるのは今回の米国ヤフーの買収で、日本のヤフーがどうなるかということです。

現在の「Yahoo!JAPAN」の筆頭株主はあの孫社長率いる「ソフトバンク」です。今回買収される米国ヤフーは日本のヤフーの35%余りの株式を所有していますが、売却せずに保有を続けるとしています。ですが最近英国の半導体設計メーカーARMを買収したソフトバンクが日本ヤフー株を手放す可能性も否定できませんよね。

もしそうなったら日本のヤフーは筆頭株主がベライゾンとなり、ヤフーを名乗れず、「ベライゾン!JAPAN」になってしまうかもしれませんね。

 

-ITニュース