社会

「ジョン・ゲイシー」殺人ピエロと呼ばれた男

テレビ朝日で放送された「実録!FBIプロファイラー」

この中で取り上げられたある殺人鬼に再び注目が集まっています。

 

「殺人ピエロ」と呼ばれた男ジョン・ゲイシーです。

jyongaicy140921

 

この男かつて全米を震撼させた殺人鬼でなんと33人もの少年を殺したのです。

それではこの殺人ピエロとは何者なのか生い立ちからみていきましょう。

 

 


 

ジョン・ウェイン・ゲイシーは1942年3月17日イリノイ州シカゴで産まれました。

その時代の銀幕スター「ジョン・ウェイン」にあやかって名前を付けられた彼は

幼いころより父親から激しい虐待を受けていました。

 

虐待を受けながらも父親を愛していたゲイシーでしたがある日家を追い出されます。

家を追い出されたゲイシーは葬儀屋の手伝いなどを経験したのち

セールスマンやファストフード店のマネジャーとして着実に成功していきます。

 

そんななか最愛の父が死亡しゲイシーは落胆します。

ですが勤勉なゲイシーはめげずに懸命に働き29歳の若さで建築業で起業。大成功を収めます。

地域のボランティア活動にも積極的に参加し尊敬を集めていました。

ときに道化師の恰好で現れ皆を楽しませるまさに地元の名士だったのです。

 

そんなゲイシーには裏の顔がありました。「ホモ」だったのです。

 

彼の会社は若い美男子ばかり採用していました。

そしてゲイシーは若い男をパーティなどに誘い、

その後自宅に招き入れ次々と殺害していきます。

 

彼の周りで次々と少年が行方不明になりました。

警察は地元の名士である彼を疑うこともなく、どんどん犠牲者は増えていきます。

そんななかある決定的証拠が見つかり彼は逮捕されます。

彼の自宅の床下には30人近くの遺体が埋められていました。

 

ゲイシーはすぐ死刑判決を受けますが豊富な資金を武器に上訴を乱発し死刑を免れていました。

また「これは私に対する妬みや陰謀だ」と冤罪を主張し続けました。

 

そして逮捕から16年たった1994年。ゲイシーはある青年と文通を始めます。

その青年はジェイソン・モスという秀才でした。殺人鬼に興味があった彼は

ゲイシーに気に入られ刑務所に会いに来いと誘われます。

模範囚だったゲイシーはしきりもない面談室でジェイソンを殺そうとします。

ですが間一髪のところで看守に助けられました。

この犯行がきっかけでゲイシーは上告を棄却され死刑が確定しました。

彼は「私は33人もの人を殺したとでっちあげられ今殺されます34人目の被害者となって」

との言葉を残しました・・・

 


 

 

↑この動画は全編英語のドキュメンタリーです。ゲイシー本人のインタビューがあります。

 

 

のちにスティーブン・キングによって小説の原題にもなった米国で知らない人はいない殺人鬼です。

「ピエロ」が怖いと感じるようになったのもこの事件の影響が大きいようです。

 

また彼の絵は高値で取引されています。これはゲイシーが描いた絵です。

jyongaicypaint140921

うーんなんともいえぬ不気味さがありますね。

なんでもあのジョニー・デップがゲイシーの絵を購入したそうです。

 

いまだに不可解で恐ろしい「殺人ピエロと呼ばれた男」

私なんかはゲイシーのおかげで大道芸なんかでピエロを見かけたらちょっと怖いんです(笑)

 

33人もの青年を殺害した男ジョン・ゲイシー

幼いころの虐待経験が彼を歪んだ殺人鬼へと変貌させたのでしょうか・・・

 

 

-社会