雑学

その小銭高く売れるかも?「希少価値の高い硬貨」をまとめてみました!

「電子マネー」が発達したとはいえ今だ現金でのお買い物が多い我が日本。お釣りでもらった小銭で、貯金箱が気付いたら1円や5円でいっぱいだったなんてことありませんか?

そんな小銭の1円玉や5円玉、ネットオークションやコインショップに持っていくともしかしたらとても価値があるものかもしれません。

コンビニなどで使ってしまう前に一度確認してみてはいかがでしょう?

今回は「価値の高い硬貨」をまとめてみました。

kozeni

希少価値の高い1円玉

1yen

平成23年製造の1円硬貨

とくにレアなのが、平成23年~25年発行の1円玉で、その価値は未使用品でなんと400円にもなる場合があります!

なぜ平成23年~25年のものに価値があるのかといいますと、発行枚数が極端に少ないからなんです。

平成23年は貨幣セット用の45万6千枚のみの製造にとどまり、一般流通用については43年ぶりに製造されなかったのです。平成24年、25年も同様に一般流通用の製造はなく、レアな1円玉となっています。

貨幣セットをバラして使うというのはあまり考えられないですから、これらの1円玉を見る機会はほぼないでしょうね。

 

次に価値がありそうなのが平成13年発行の1円硬貨です。これも未使用で20倍の価値となる20円程度で買い取りになる場合があります。この年も極端に発行枚数が少なく(わずか802万枚)希少価値の高い年度となっています。

希少価値の高い5円玉

5yen

「フデ五」と呼ばれる5円硬貨

5円硬貨で一番価値が高い年度は平成22年~25年発行のもので、その買取価格は完全未使用品で2000円!もの値段がつくことがあります。価値の高い理由はやはり発行枚数の少なさで、平成22年~25年は貨幣セットのみの製造でした。ですから出回る可能性はほぼゼロに等しく、もし見つけたら超レアだといえるでしょうね。

また、現行5円硬貨のゴシック体とは違い、毛筆体で書かれた所謂「フデ五」と呼ばれる五円玉で価値のあるのは昭和32年発行のもので、その買取価格は美品・未使用品で300円~500円といったところのようです。使用しているものだと買取してくれない場合もあるようですね。

 

希少価値の高い10円玉

10yen

レアな昭和33年発行の10円硬貨

10円硬貨は他の硬貨より発行枚数も多くあまりレアなものはありません。

よく聞かれる「ギザ10」も本当にレアなのは昭和33年発行のものくらいです。この年はたったの2500万枚しか製造されておらず、その買取価格は完全未使用品で50円~100円が相場のようです。10円硬貨は血眼になって探す必要はないでしょう。

希少価値の高い50円玉

50yen

超レアな昭和62年発行の50円硬貨

50円硬貨で最も希少価値の高いものは昭和62年発行のもので、その買取相場価格は驚きの5000円!!にもなることがあります。

これも高い理由は発行枚数で、この年は貨幣セット用の77万枚しか製造されていないからなんです。もしこの昭和62年発行の50円玉を見つけたら宝くじに当たるよりレアかもしれません。

その他50円硬貨で価値がありそうなのは、昭和35年発行のものでおよそ500円~1000円程度で取引されており、平成22年~25年発行のものも500円~1000円ほどの価値があります。

また、50円玉で特にレアだと言われているのが製造時のエラーによる「エラー硬貨」で、50円硬貨の場合真ん中の穴がずれているものや、穴そのものが無いものなどは高値で取引されています。美品だと数万円の価値がある場合があるのです!

希少価値の高い100円玉

100yen

比較的レアな平成13年・14年発行の100円硬貨

100円硬貨は他の硬貨に比べ圧倒的に発行枚数が多くレアなものは少ないのですが、平成13年発行のものは異常に流通量が少なく、わずかに802万枚しか作られていません(通常は2億~4億枚発行)。その買取価格は美品・未使用品でおよそ500円くらいのようです。

その他の年度ではほとんど価値のあるものはありません。やはり100円玉はあまりにも多く出回りすぎていますからね。

まとめ

いかがでしょう。財布の中や貯金箱にこれらのレア硬貨は眠っていませんか?

普段何気なく見ている小銭に、こんなにも希少価値の高いものが存在するとは驚きですよね。

これからはお買い物のときにもお釣りをチェックして、希少価値の高い小銭を逃さないようにしましょうね。

-雑学