事件・事故

テッド・バンディ「IQ180のイケメン極悪殺人鬼」

テレビ朝日の特番「世界の衝撃映像グランプリ」、

このなかでアメリカ史上最も有名な殺人鬼がクローズアップされました。

 

彼の名は「テッド・バンディ」

tedbundy141009

この甘いマスクのイケメンが若い女性ばかり30人以上を殺害しました。

バンディ本人が殺害を認めたのが30人ですが実際は100人以上殺しているとも言われています。

彼はどんな生い立ちでなぜ大量殺戮をおこなったのでしょうか。

 

テッド・バンディ。本名をセオドア・ロバート・バンディは、

1946年11月24日バーモント州で私生児として生まれました(私生児とはいわゆる婚外子のことです。)

母親ルイーズは当時21歳。父親は不明。母は彼の育児を放棄したため祖父母の元で育てられました。

婚外子という不名誉を隠すため母親ルイーズはバンディの姉となったのです。

 

内気で内向的なバンディは高校までは目立たない存在でした。

ただ窃盗や女子寮の覗きなどの軽犯罪はこのころからみられました。

 

そんなバンディですが大学に入ったあたりから変貌します。

ボランティア活動に精を出し、ときには人命救助で表彰されるなどまさに「ハンサムな模範青年」になっていたのです。

そして学園のマドンナ「ステファニー・ブルックス」と付き合います。まさに美男美女のカップルでした。

ですがこの女性との出会いが彼を冷酷な殺人鬼へと変えるきっかけになるのです。

 

彼女は名門家庭のお嬢様。生まれた環境がバンディとは違いすぎました。

2人は婚約までしましたが結局別れます。バンディはここから3年にもわたる連続殺人を始めるのです。

 

彼の代表的な手口は「ケガをして不自由な人」を装いターゲットに接触するというものでした。

狙われたのは良家の令嬢、それも皆美人で黒髪の白人女性ばかり。

そうあの以前付き合っていた「ステファニー・ブルックス」のような女性ばかりでした。

 

次々と殺人を繰り返すバンディ。もはや彼は人を殺すことをなんとも思わなくなっていました。

ですがひょんなことからついに彼は逮捕されます。

深夜にドライブ中警官の車を追い抜いたことで職務質問され、

殺しに使用した道具や被害者の毛髪などが彼の車から見つかったからです。

 

ですがバンディの劇場はこれからが本番でした。

自分の裁判を自ら弁護するという「自己弁護人」で世間を驚かせるのです。

巧みな話術と知性で法廷は黄色い声援が飛び交いました。彼は人気者になっていきます。

裁判の判事はそんな彼に次第に苛立ち、声を荒げる場面もありました。

 

しかし決定的な証拠を突きつけられたバンディは死刑判決を受けます。

バンディはなんとか死刑を引き延ばそうと画策します。

 

それがその時期起きていた別の連続殺人のプロファイリングを買って出るというものでした。

その事件は「グリーンリバー連続殺人事件」でした。

1982年当時売春婦ばかりが次々と殺されたこの事件は犯人が全くわからず迷宮入りしていました。

バンディは犯人を「白人で若くて家庭があり犯罪歴のある人物」とプロファイリングしました。

長らく未解決だったこの「グリーンリバーキラー」はその後バンディの読みどおりの人物が逮捕されています。

 

そしてついにバンディに死刑執行の日がやってきました。

1989年1月24日電気椅子による死刑執行。全米を震撼させた殺人鬼はその姿を消しました。

最後に薄ら笑いを浮かべて死んだバンディ。新聞に死体が大きく掲載されました。

その見出しは「殺人鬼は微笑んで死んだ」でした・・・

 

↑アメリカのバンディに関するドキュメンタリーです。バンディ最後のインタビューもあります(全編英語で字幕はありません)

 

以前紹介した記事ジョン・ゲイシー「殺人ピエロ」と呼ばれた男もそうでしたが、

幼いころ親から愛されていないとこのような殺人鬼が生まれてしまうのでしょうか。

また、上流階級への鬱屈した感情がバンディには終始あったように思われます。

 

稀代の「シリアルキラー」テッド・バンディ。彼の頭の中の深い闇は永遠にナゾのままなのです・・・

 

-事件・事故