エンタメ情報

マンガ界のタブー人気漫画家の収入が「中居正広のミになる図書館」で明らかに

いつも我々を楽しませてくれる「マンガ」そのマンガを創り出す漫画家さんたちの収入ってやっぱり気になりますよね。

そんなマンガ界最大のタブーが「中居正広のミになる図書館」で明らかになりました。

mangaka141119

意外と知られていない漫画家さんたちの原稿料や印税の裏側をまとめてみましたー。

「テラフォーマーズ」では作画担当のほうが印税多い

今大人気のマンガ「テラフォーマーズ」累計800万部を超える発行部数を誇るこの作品。原作者の貴家悠さんによると、このマンガの場合作画を担当されている橘賢一さんのほうが多く印税をもらっているそうです。

ただ、原作と作画が別の「分業制」の場合半分づつというのが一般的なんだそう。

でもこの「テラフォーマーズ」だと800万部ですから単純に計算すると40億円ほど売っているわけです。マンガの単行本の印税は10%と言われていますので4億円は確実に2人に入っていますね。大ヒットすれば確実に儲かるのがマンガの世界なんですね~。

印税は売れた冊数でなく印刷した冊数で振り込まれる

マンガの印税は「売れた分」ではなく「印刷した分」が振り込まれるそうです。ドラマ化もされ大ヒットした「味いちもんめ」の作者倉田よしみさんによると、ドラマ化が決定し単行本が重版(印刷すること)をした段階で一気に2000万円もの大金が振り込まれたそうです。

 

ドラマ・映画化の原作量は微々たるもの

よくマンガが原作のドラマや映画などがありますが、その作者である漫画家さんたちにはどのくらいの使用料が入るのでしょうか。自身の小説が映画化された劇団ひとりさんによると使用料はとても少ないそうです。理由としてはドラマ化や映画化することによって確実に単行本が売れるからだそうです。

新人マンガ家の原稿料は振り込まれた時に初めてわかる

「さよならタマちゃん」というマンガの作者武田一義さんによると、新人マンガ家の原稿料(マンガ雑誌への掲載料)はだいたい1ページ8000円~12000円なんだそうですが、その金額が振り込まれてからでないとわからないらしいのです。

出版社や掲載される雑誌によっても違うそうですが、仮に8000円ですと16ページだとすれば128000円ですね。これって意外と安いですよね。つまり単行本化されなければ原稿料だけではキビしいというのが現実なようです。しかし大御所漫画家ともなると1回の原稿料が240万円!という方も居るんだそうです。

 

今回番組で明らかになったのは、意外にも原稿料が安いということと、大ヒットし単行本が売れれば大きな収入が手に入るというマンガの独特の世界ですね。

ですが最近の「出版不況」でマンガ雑誌もどんどん減っていて、新人漫画家さんにとっては大変な時代だと思います。

 

-エンタメ情報