芸能ニュース

TKO木下隆行が「顔面神経麻痺」になったと告白し話題に

11月20日放送の「アメトーク」テーマは「USJ大好き芸人」でした。

そこに出演していた、お笑いコンビTKOの木下隆行さんの顔が歪んでいると放送終了後からツイッターなどで話題となっていました。

tkokinoshita141121

そんななか21日木下さんは自身のツィッターを更新し、軽い「顔面神経麻痺」になったことを告白しました。ファンに対しては「大丈夫」と語っています。今はかなり症状も軽くなり快方に向かっているそうです。

「アメトーク」を見ていた方はわかると思いますが、木下さんは番組中何度もハンカチで顔を押さえたり、口が歪んでいたりとちょっと心配になった人も多かったのではないでしょうか。ですが大事に至らずよかったですね。

さてこの「顔面神経麻痺」とはいったいどのような病気なのでしょうか。症状としてはある日突然顔の一部が動かせなくなって、まぶたが下がったり口が閉じられないといった異常を引き起こします。

この病気の原因は不明なところも多いそうですが、ヘルペスウィルスによるものやストレスによるものなどが考えられるそうです。最近の木下さんはあの人気ドラマ「ドクターX」に出演するなど多忙な日々が続いていますから、なかなか疲れが取れず発症したのかもしれませんね。

この「顔面神経麻痺」ストレスの多い生活からなのか芸能人も多く発症しています。元プロ野球選手で大打者だった落合博満さんや、2時間ドラマの帝王船越栄一郎さん、ビビアン・スーさんなども悩まされていたのです。

また、かつてバイク事故で奇跡的に生還したビートたけしさんの復帰会見での「顔面マヒナスターズ」は今でも語り草となっていますね。

とにかく現在は治療によって回復している木下さん。完全復活して元気な姿を見せてくれることでしょう。

-芸能ニュース