事件・事故

デング熱にかかりたくなければ北海道へ住め?

日本の首都東京において感染が続くデング熱

最近日本との関係が微妙なお隣の中国でも猛威をふるっているようです。

重症化することはまれなようですので過度の心配は必要ないと思いますが

これだけ広まってくると不安になる方も多いと思います。

とくに高齢者やお子様を持つお母さんなどは抵抗力がないですから怖いですよね。

 

さてこのデング熱ですが蚊に刺されることによって感染します。

このサイトの下の世界地図を見るとほとんど南半球の地域で発生しています。

つまり熱帯地方特有の病気と思っていた日本人は多いのではないでしょうか。

さてこのデング熱を媒介するカである「ヒトスジシマカ」ですが

日本では秋田県以南ではよくみられるカだそうです。

つまり北海道や秋田県以北の方以外は誰でも感染する危険があるということです。

逆を返せば北海道に住めばいまのところこの蚊はいませんので感染の危険はないわけです。

私は北海道に住んでいるので大丈夫!と安心しているんですが・・

地球温暖化の影響でヒトスジシマカの生息域がどんどん北へ北上しているようです。

何年か後には北海道にもこの厄介な蚊が出現しているかもですね。

でも北海道にもほかの蚊はもちろんいますし刺されますけどね

あ、でもゴキブリはいませんよ。あんな不気味な虫は北海道に来ないでほしい!

 

冬になれば蚊は発生しなくなりますがそれまでは

外出時には虫よけスプレーを忘れずに。

でも一番確実なのは蚊のいそうなところへ出かけないことでしょう。

 

そして究極ですが本気でデング熱の感染が怖い人は北海道へ移住してはどうでしょうか?

冬は厳しいですが夏はカラッとして過ごしやすくて快適ですよ。

 

-事件・事故