社会

40歳以上の「高齢ひきこもり」が社会問題化する日本

従来「ひきこもり」といえば若者だけの問題と思われていました。

しかし現在40歳以上の「高齢ひきこもり」が社会問題となっているのです。

hikikomori141219

40歳ぐらいは、ちょうど働き盛りの一番仕事が充実してくる年代ですよね。

「大人のひきこもり本当は「外に出る理由」を探してる人たち」(講談社現代新書)の著者でジャーナリストの池上正樹氏は、40歳以上でひきこもっている人は、全国でおよそ100万人以上はいると推計しているのです。

40歳以上で、仕事をせず、普段ずっと家で一人でいる人々がこれほど多いというのは衝撃です。若いうちならやりなおしも可能ですが40歳以上ともなると就職先も限られ厳しい状況となりますね。

「高齢ひきこもり」の問題点として大きいのは、働いていないので将来年金がもらえず「老後破産」に陥るという点です。

「老後破産」激増の危機と「大人のひきこもり」(現代ビジネス)

深刻化する「高齢ひきこもり」は日本独特の「人に迷惑をかけるな」という社会の風潮が、その存在を「家の恥」として隠し、ますます引きこもってしまう悪循環を生んでいます。

40歳以上のひきこもり100万人以上!高齢ひきこもりの社会復帰を阻むもの(ニュースサイトリテラ)

また、男性のイメージが強い「ひきこもり」が女性にも増えているという実態も・・・

未婚で無職の“大人ひきこもり”が増加! 話題の「女性SNEP」の原因と対策とは?(ウートピ)

一度レールから外れるとやり直しが難しい日本の現実。これは決して他人事ではなくいつ自分が同じような立場になるかわからないのです。

-社会