スポーツ

”ミスター長嶋茂雄”がリハビリ以上に悩む子供たちの「骨肉の争い」?

終戦から70年を迎える2015年。戦後の動乱期日本のスーパースターといえばやはり”ミスター”こと長嶋茂雄さんですね。

nagashima150104

そのミスターが次女の長嶋三奈さんと初めて共演したTBS系「独占!長嶋茂雄の真実 ~父と娘の40年物語~」が1月3日放送されました。過酷なリハビリの様子や、かつての教え子たちとの秘話など、今まであまり公になっていなかったミスターの知られざる部分が明らかになりましたね。

さてそんなミスターですが4人のお子さんがいらっしゃいます。今回番組では次女である三奈さんと共演したのですが、三奈さんはミスターの個人事務所「オフィスエヌ」の社長なんです。ですがこの個人事務所や資産管理の部分で兄弟内において「骨肉の争い」が展開されているという報道が過去に話題になりました。

ミスターの老後は切ない長嶋家でまた「内紛」今度は次女が長女を追放(週刊現代)

「長島茂雄」商標で一茂と美奈の抗争激化(アサヒ芸能)

ちょっと古い週刊誌ネタではありますが、長女が「オフィスエヌ」の役員から外されたのは事実のようです。また、長男の一茂さんはこの個人事務所とは別に一茂さんの妻が代表をつとめる「ナガシマ企画」という会社を持っています。

数年前週刊誌で大きく取り上げられたこの「長嶋家骨肉の争い」報道ですが、一茂さんは名誉棄損で週刊誌を発行する会社を訴え、東京地裁は出版社側に440万円の支払いを命じる判決を2014年4月に言い渡しています。出版社側は判決を不服として控訴したようです。

長嶋一茂さん記事で名誉毀損 文春に賠償命令(スポニチ)

この「長嶋家お家騒動」いまだ真偽のほどはわかりませんが、もし本当だとすればミスターがお気の毒です。肉親どうしで争うことほど悲しいことはないですからね・・・。

-スポーツ